• ナノ秒パルスレーザー
    GX シリーズ

    エッジウェーブ社

    最大平均出力800W
    最大パルスエネルギー120mJ
    最大繰り返し周波数100KHz

    GXシリーズは、INNOSLABレーザーとしては最大出力域のモデルで、
    最大800W、最大パルスエネルギー120mJです。
    ヘッドサイズはL675×W350×H150mmと非常にコンパクトです。

    詳しくはこちら
  • FX Hero

    フェムト秒パルスレーザー
    FX シリーズ

    エッジウェーブ社

    最大平均出力600W
    最大パルスエネルギー3000μJ
    最大繰り返し周波数50MHz

    独自のINNOSLABテクノロジーを用いたダイオード励起のQスイッチ固体レーザーです。標準パルス幅 400-300fs アンプ一体型で、ヘッドサイズL650 x W298 x H150mm と非常にコンパクトです。

    詳しくはこちら
  • 産業用TEA-CO² レーザー  Impact 2000 シリーズ

    TEA CO2 レーザー

    最大平均出力75W
    最大パルスエネルギー5J
    最大繰り返し周波数500Hz

    IMPACT 2000 は主として非金属の精密加工用に設計されています。 特に穴あけ加工はこのレーザの典型的な応用分野です。INPACT2000の特長は、下の金属層にダメージを与えずにその上の非金属層に貫通穴を開けることができることです。これはプリント基板の穴あけ、ワイヤーの被覆/エナメル除去、モールドクリーニングなどの応用に対して非常に効果的です。高電圧のスイッチングには高い信頼性のSSMスイッチテクノロジーを採用し、生産ラインの運転にも対応しているほか、安定した高いパルスエネルギーを利用して超音波非破壊検査用の光源としても用いられています。

    詳しくはこちら
  • 高出力産業用
    TEA-CO²レーザー
    Impact 3000 シリーズ

    TEA CO2 レーザー

    最大平均出力300W
    最大パルスエネルギー3J
    最大繰り返し周波数400Hz

    IMPACT 3000シリーズは表面レイヤーの除去やクリーニング、非破壊検査、そして光化学などの分野で利用する高出力(最大300W)短パルスCO2レーザーです。ペイント剥離、金型クリーニング、同位体分離や遠隔検知/LIDERなど多様な分野で活用することができます。

    パルス繰り返しが最も高いモデル (3400) では、レーザー超音波検査用の光源用として利用されます。

    詳しくはこちら
  • 9.2~10.8μm波長選択可能
    Impact 4000 シリーズ

    TEA CO2 レーザー

    最大平均出力60W
    最大パルスエネルギー5J
    最大繰り返し周波数150Hz

    IMPACT 4000 は IMPACT 2000 をベースにR&D用途から工業用途まで対応しています。高電圧のスイッチングには、速度の速いサイラトロンを使用しており、TEA CO2レーザーとしては極端に短いパルス幅(100ns前後)を達成しました。オプションには、9.2~10.8μmの間のCO2発振線から波長を選択できるグレーティング、ビーム品質に優れたTEM00モード化も用意されています。

    数台のIMPACT4000を直列に並べて、1台をTEM00オシレーターとして2台目以降をアンプとして高出力を得るMOPA(Master-Oscillator / Power Amplifier)の御相談も承ります。

    詳しくはこちら
  • Dilase 3D

    クロエ

    高解像度3Dリソグラフィープリンター

    これまで作成が困難であったトラッピングセル形状のパターンがDilase3Dを使用する事で、
    非常に簡単に作成することができます。
    腸上皮内部シミュレーションの構造を、ヒドロゲル材料の一種PEGDA(ポリエチレングリコールジアクリレート)
    に形成することが可能です。

    詳しくはこちら