革新的な性能

これまで作成が困難であった
トラッピングセル形状のパターンが
Dilase3Dを使用する事で、
非常に簡単に作成することができます。

腸上皮内部シミュレーションの構造を、
ヒドロゲル材料の一種PEGDA
(ポリエチレングリコールジアクリレート)に形成することが可能です。

複雑な螺旋構造

Dilase3D特長

装置寸法547×795×853mm
波長375nm or 405nm
最小ビームサイズ5μm
データフォーマットstl
ステップ調整可能
制御ソフトウェア3D slicer

注射針

  • 外径:200um
  • 内径 : 100um
  • 長さ:3mm

搭載ソフトウェア

3DSlicer

3D設計ファイルを変換し
視覚化することができます。
STLファイルをインポートするだけでなく、
モノクロイメージを使い、
3Dデザインを再現することも可能です。
全てのタイプのデザインを
レーザーで作成することができます。
プロトタイプからフル生産まで対応しております。

仕様

ライティングスピード>50mm/s
ステージ駆動分解能100nm
繰返し分解能100nm
ウェハライティングエリア1~4インチ
ウェハの厚さ250μm~10mm
レーザースポットサイズ(1 or 2)5μm~50μm